全日本仏教会について全日本仏教会のあゆみ事業・活動ニュースリリース仏教についてイベント・お役立ち

About JBF

全日本仏教会について

律宗(りっしゅう)

唐招提寺とは

唐招提寺は、南都六宗の一つである律宗の総本山です。
多くの苦難の末、来日をはたされた鑑真大和上は、東大寺で5年を過ごした後、新田部(にたべ)親王の旧宅地(現在の奈良市五条町)を下賜されて、天平宝字3年(759)に戒律を学ぶ人たちのための修行の道場を開きました。
「唐律招提」と名付けられ鑑真和上の私寺として始まった当初は、講堂や新田部親王の旧宅を改造した経蔵、宝蔵などがあるだけでした。
金堂は8世紀後半、鑑真和上の弟子の一人であった如宝の尽力により、完成したといわれます。
現在では、奈良時代建立の金堂、講堂が天平の息吹を伝える、貴重な伽藍となっています。

基本情報

宗派名 律宗(りっしゅう)
本山 総本山 唐招提寺(そうほんざん とうしょうだいじ)
別称(正式名称) 唐律招提(とうりつしょうだい)
問い合わせ先 〒630-8032 奈良県奈良市五条町13-46
TEL 0742-33-7900 
http://www.toshodaiji.jp/
駐車場 あり 
代表
代表問い合わせ先

アクセス

pagetop