全日本仏教会について全日本仏教会のあゆみ事業・活動ニュースリリース仏教についてイベント・お役立ち

Activity

事業・活動

1955-1959

  • 第30号[ 1957年11・12月 ]
    • 歳晩に仏教界が進むべき道を念う
    • 再発足に伴う諸問題中心に全国理事会評議員会開かる
      京都東本願寺で
    • 地方仏教運動の強化を!=関東甲信越ブロック会議開く=
    • 盛大に行われた各国の仏紀二千五百年式典…日本に於いても開催の機運…
    • ラオス国仏紀二千五百年祭参列記
      石川存靜
    • 寺院の庫裡は固定資産税の課税対象にならない―東京地裁で新判例―
    • 歳末たすけあい運動の先頭に
      全国の仏教団体に呼びかけ
    • 訪中仏教使節団の歓迎会、報告会 盛大に挙行さる
    • 英文仏教辞典編輯へ 大阪療養所の一収容者から献金
    • 仏教学生英語弁論大会開催
  • 第29号[ 1957年10月 ]
    • 第五回全日本仏教徒会議
      東大寺大会報告
  • 第28号[ 1957年7月 ]
    • [主張]過去を顧み今後に望む
      全日仏再発足に際し
    • 墓地管理権は誰のものか?
      仙台市墓地運営委員会断乎反対運動に立上る
    • 訪中日本仏教親善使節団 着々準備進行
      団長 副団長等 決定す
    • ウ・チャントン氏来日
    • 東大中村博士等講演会盛ん
    • 「ゴータマブッダ」試写会開催
    • タイ、カンボヂヤ派遣代表団 帰朝歓迎会盛ん
      銀座三笠会館で
    • 八月六日を期し 核爆発実験禁止運動
      全国寺院で梵鐘を打ならそう
    • 世界最大の仏旗?名古屋にあらわる
    • 日本仏教保育協会の夏期保育講習会開かれる
    • 曹洞宗PR映画完成す
  • 第25号[ 1957年4月 ]
    • [主張]花まつりを迎えて
    • 全仏水爆実験に声明書発表
    • 南と北(続)南北仏教交流ということに寄せて
    • セイロン国に舎利弗目連 聖骨堂を建立
      全日仏強力推進に邁進
  • 第24号[ 1957年3月 ]
    • 全日仏は仏教徒全体のもの―批判にこたえて―
    • 昭和三十二年度 釈尊降誕会(はなまつり大会) 全国的に一斉展開
      全日仏各方面へ強力に呼びかく
    • 全宗団加盟各宗団 の総力を結集して,新年度飛躍の準備成る
    • 全日仏新年度の躍進を期して全国宗務総長、常務理事会開かる
      去る廿八日京都東本願寺で
    • アジア地域仏教遺蹟仏教美術学術調査団の派遣
    • 第五回全日仏徒会議開催
    • セイロン国際仏教徒会議へ 仏教学者五名派遣
      タイへも四名が出発
    • セイロン国仏陀祭に使して
    • ビルマ留学僧体験記
    • 南と北 南北仏教交流ということに寄せて
      矢放諫亮(派遣団長)
    • クリスマス島の原水爆実験禁止と沖縄問題に全日仏態度を打出す
    • ビルマ留学僧帰還座談会
  • 第23号[ 1957年1・2月 ]
    • [主張]今年度仏教界の望み どのように仏教をひろめねばならぬか
    • 第四回世界仏教徒大会 ネパール会議報告
    • 日本仏教代表中国仏紀二千五百年祭に…戦後初の訪問…
    • 新年の決意新たに理事会、常務理事会開かる
    • 沖縄問題解決に一層の努力を!沖縄連年頭の幹事会開催
    • “宗教法人法の改正を?って”宗研主催で座談会
  • 第21号[ 1956年10・11月 ]
    • 第四回世界仏教徒会議
      日本派遣団決定す 多彩な顔ぶれ 十一月十日夜羽田を出発
    • 観光施設税遂に許可 波乱を呼ぶも全仏の斡旋で
    • 全一仏教運動強化促進論盛ん
      全仏加盟団体代表者会議開かる
    • インド副大統領来日 日本仏教徒との交歓行わる
    • 仏紀二千五百年記念伝道
      全国各地で着々と展開さる
    • 世界信仰同胞会議 十月三、四日
      インド副大統領を迎えて力強く開かる
    • 長野県仏教徒会議第五回大会 伊那市で盛大に開催さる
    • 京都、宮城新陣容で出発
  • 第20号[ 1956年9月 ]
    • 新秋の教界に贈る 全仏の第三回中央講習会
    • 三笠宮殿下歓送会盛大に開催
      セイロンの仏紀・建国祝典に参列
    • 日ソ問題/南北仏教 交流問題 国際委員会で協議
    • 第四回世界仏教徒会議ネパール大会 十一月十五日より一週間に決定
      ユネスコ会議(インド)は二十四日より
    • 大成丸無事帰還す
      宗教代表の労苦各方面より感謝
    • 宗教代表帰朝歓迎会
    • 京都観光施設税問題 条令市会を通過するも社寺側愈々結束す
  • 第17号[ 1956年6月 ]
    • 全日本仏教徒会議
      比叡山大会の意義 理事長 佐々木泰翁
    • 昭和三十年度事務報告
    • ビルマの仏紀記念式典に全仏の代表出発…大谷会長夫妻はセイロンへ…
    • セイロン大使 富山、長野で仏教講演
    • 常務理事会開催
    • 評議員会並全国宗務総長会議の開催
    • 世界仏陀の日にあたって…ウエサーカ大祝典の意味…
      事務総長 北畠教眞
    • 全日本仏教会昭和三十一年度 歳入歳出予算案
  • 第16号[ 1956年5月 ]
    • 深緑の比叡山に集う六百の代表…第四回大会準備進む…
    • 第四回世界仏教徒会議
      十一月六日よりネパール王国で 四十三ケ国より代表参加
    • インドの仏教ユネスコ世界会議に日本から十五名の代表派遣
    • ビルマ留学僧修行の動向
    • マララセケーラ博士来日
      英文辞典編纂重要打合せ
    • バキススタンで盛大な仏紀式典
    • ラングーンにて第六結集完結記念式典
    • 仏都の夜空に聖火 ウエサーカ大祝典
      五月二十四日 京都 円山公園で盛大に
    • 重要問題を中心に時局対策委員会ひらく
    • 日本全土に展開された―花まつり大絵卷―
      東京中央大会空前の盛況
    • 大谷全仏会長夫妻 いよいよ 五月十八日 日本を出発
    • 全国主要都市伝道の第一聲
      セイロン大使 富山・長野両市で仏教講演
    • 仏教議員連盟準備委員
    • 全国宗教々誨師連盟の結成
    • 評議員会と全国宗務総長会議の開催
< 戻る 1234 次へ >

pagetop