全日本仏教会について全日本仏教会のあゆみ事業・活動ニュースリリース仏教についてイベント・お役立ち

News Release

ニュースリリース

全日本仏教会推薦 劇団希望舞台「釈迦内柩唄」のご案内 9月3日(土)他

全日本仏教会推薦
劇団希望舞台「釈迦内柩唄」開催  

本会が推薦しております劇団希望舞台「釈迦内柩唄」が各地にて公演されます。
水上勉氏原作の本舞台は、「人のやさしさ・命の平等と尊厳・生への渇望」をテーマにしながら、人の死をめぐる中から見えてくる生命の尊さを、作品を通して描いております。各界の著名人から様々なご意見を頂いている本作品を、お誘い合わせの上是非ご観賞下さい。

『釈迦内柩唄』

花は死んだ人の顔だでぁ

一九四五年六月、秋田県大館の花岡鉱山で強制就労させられていた中国人労働者の集団脱出がありました。結果、九八六人の中国人労働者に大弾圧が加えられ、四二〇人が殺害されたと言われています。
また、水上氏の父は、棺を作り、穴を掘って八十五才まで生きました。
これらの事実をモチーフにして水上氏が戯曲として書き上げた作品です。
(中略)
人権思想のひろがりは二〇世紀から二一世紀に引き継がれました。しかし世界の各地で戦争、武力による抑圧は終わらず、その犠牲者は後を断ちません。私たち のこの日本でも、科学技術の飛躍的な発達、繁栄の陰で格差が拡がり、人間性の退化、弱い者が一層生きにくい世の中になってきているのが、今の時代の特徴に 思えます。
水上勉作「釈迦内柩唄」は死体焼き場を家業とする家族の生きる姿を描きながら

  人のやさしさ

  命の平等と尊厳

  生への渇望

を舞台を通して描きます。
人の死をめぐる中から見えてくる生命の尊さ、美しさを日本中の町や村を廻りながら、人と人との出会いの中に築きあって行きたいと願っています。
(HPより抜粋)

■公演名称■
劇団希望舞台
「釈迦内柩唄」

■公演日時及び会場■
  ○9/3(土)14:00~:産業文化センター(埼玉県入間市)
  お問い合わせ先:いるま平和のための戦争展実行委員会090-4958-5028(滝沢)

  ○9/8(木)18:30開場/19:00開演:市民文化会館(埼玉県深谷市)
  お問い合わせ先:深谷公演実行委員会みどりや048-571-0568

  ○11月17日(木)17:45 開場/18:00 東日本大震災関連プレイベント/18:30 開演  
  東松山市民活動センターホール
  住所:東松山市松本町1-9-35
  電話:0493-23-9311

   ○12/2(金)18:00開場/18:30開演:生涯学習センターまろにえホール(東京都東久留米市)

※アクセスは各会場HPにてご確認下さい。
※詳細は劇団希望舞台HPをご覧ください。

■チケット料金■
<9月8日(木)開催分>
前売り券:大人3,000円/高校生以下1,500円(当日券500円増し)
※チケット料金は各会場によって異なります。
※詳細は各会場問い合わせ先及び下記劇団希望舞台東京本部へお問い合わせ下さい。

■お問い合わせ■
劇団希望舞台
「東京本部」
〒184-0003
東京都小金井市緑町5-13-24 現代座会館内
TEL:042-383-8401 
 




pagetop