全日本仏教会について全日本仏教会のあゆみ事業・活動ニュースリリース仏教についてイベント・お役立ち

News Release

ニュースリリース

(公財)全日本仏教会における 「働き方の新しいスタイル」実践に伴う勤務態勢について

 このたびの新型コロナウイルス感染症への対策としまして、政府による緊急事態宣言解除を受け、厚生労働省が公表した「働き方の新しいスタイル」を公益財団法人として実践するため、事務総局の勤務態勢について、以下の通り対策することといたします。

1. 趣旨
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、来局者など受け手のみならず職員やその家族の命を守り、かつ(公財)全日本仏教会が感染源とならぬよう社会的責任を果たすべく、
  ① テレワークやローテーション勤務
  ② 時差通勤でゆったりと
  ③ オフィスはひろびろと
  ④ 会議はオンライン
  ⑤ 名刺交換はオンライン
  ⑥ 対面での打合せは換気とマスク
を実践するため、勤務態勢を整えて対策を実施する。

2. 業務形態
 クラスター(集団感染)のリスク回避のため、事務総局において所属職員を複数の班に分け、【事務所勤務】と【在宅勤務】とする。

3. 業務時間
 始業:午前10時
 終業:午後4時

4. 適用期間
 2020(令和2)年527日(水)から当分の間 

令和2526
公益財団法人全日本仏教会
事務総長 戸松義晴

原文PDFはこちら

pagetop