全日本仏教会について全日本仏教会のあゆみ事業・活動ニュースリリース仏教についてイベント・お役立ち

News Release

ニュースリリース

第25回世界仏教徒会議スリランカ大会参加

「仏陀の教えによる社会的和解」

 2010年11月13日から17日にかけてスリランカ・コロンボ市内にあるシナモングランドホテルにおいて、第25回WFB世界仏教徒会議スリランカ大会が開催されました。

      
会場となったシナモングランドホテル

 

 本会より正本乗光国際交流審議会委員(WFB人道支援委員会 委員長)・戸松義晴事務総長(WFB執行役員)・入西智彦国際部長・藤田宗玄国際部次長が参加しました。スリランカ(セイロン)はWFB創立の地で、第1回大会をはじめ、過去に3回の世界大会を開催してきた経緯があります。今大会はWFB創立60周年という記念すべき大会であり、スリランカのAll Ceylon Buddhist Congress(ACBC)が主催となって大会が運営されました。

 以下に日程中の主な行事をご紹介します。

11月13日
・第77回WFB執行役員会議(合同役員会議)
 副会長・常設委員会委員長を交えた合同役員会議として開催された。パロップ・タイアリー事務総長による事業・会計報告の後、人道支援委員会委員でもあるカメリア・ダルマワン執行役員(インドネシア)から、自身が所属する救援組織「カルナ・ミッタ」のスマトラ沖地震の詳細な救援活動報告がなされた。また、全日本仏教会から1,000万円が人道支援基金に寄託されたことが報告された。(2010年2月、11月にそれぞれ500万ずつ)。
 さらに加盟センターの年会費の滞納状況の報告や、総会へ勧告する新規加盟センター候補の承認などが行われた。最後に次回の大会開催に関して、韓国が立候補し承認された。主催は曹渓宗で、韓国の他の地域センターとも協力しながら大会準備が進められる。開催時期は2012年5月と発表された。

      
執行役員会議

    


 
11月14日
・総会
 総会では執行役員の選挙が予定されていたが、立候補の人数が規定の8名以内であったため無投票となった。Goh Seng Chai氏(マレーシア)、D.M. Jayatilake Dissanayake氏(スリランカ)が辞任、新たにChang Ling氏(中国)、Jagath Sumathipala氏(スリランカ)の二名が執行役員となった。本会からは戸松義晴事務総長が再選された。他に新規加盟センターの承認などが行われた。

・開会式
 各国の代表・オブザーバーなど四百名が参加した。ゲストとしてD.M.ジャヤラトナ首相が祝辞を述べた。

 
開会式の様子

  
挨拶するD.M.Jayaratne首相 

 
挨拶するパロップ・タイアリーWFB事務総長

 
地元学生による歌の披露


・第1回全体会議
  バングラデシュ・オーストラリア・ネパール等各国首脳からの祝辞がそれぞれのセンター代表から披露された。

11月15日
・常設委員会会議
 正本乗光師が委員長を務める人道支援委員会が9つの常設委員会の1つとして開催された。本委員会にはパロップ事務総長も出席するなど、WFBの活動の中でも重要な役割を担っている。
 委員会ではこれまでの人道支援の実績が報告されるとともに、今後の活動計画が討議され、自然災害への速やかな対応をすること、貧困・難民・紛争といった問題に対する中長期的な支援活動については次回大会で検討すること、2012年2月にブッダガヤの日本寺を中心に人道支援活動を視察すべくスタディーツアーを派遣することが決定した。また、人道支援申請書の様式についても改善点が指摘された。
 全日本仏教会として人道支援基金に寄託をするにあたり、寄付者に対して詳細な報告書を提出することが信頼関係の構築に不可欠であると意見を提出した。

   
人道支援委員会

   
人道支援委員会

    
人道支援委員会の報告をする正本師

 
会場外ケータリングの様子


・第2回全体会議
 各常設委員会の委員長により先に行われた委員会の報告がなされた。人道支援委員会については、正本委員長がカメリア・ダルマワン委員とともに報告を行った。

11月16日
・シンポジウム
 テーマは大会テーマと同じく「仏陀の教えによる社会的和解」。戸松事務総長を含め、各国地域センターから十名が提言を行った。

             
 シンポジウムにて講演する戸松義晴事務総長

    

                          
・WFB創立60周年記念祝典
 スガタダサスタジアムに五千人を集め、創立60周年記念祝典が開催された。
祝典にはマヒンダ・ラージャパクサ大統領が臨席し、そのプログラムもバレーとスリランカの伝統舞踊をミックスした踊りや、三帰依文の合唱など終始参加者を飽きさせない趣向を凝らしたものであった。
 本会からは河野太通会長(WFB最高顧問)が出席、ステージ上で祝辞を述べるとともに、WFB人道支援基金に対し500万円の寄託を行った。

   
(中央)60周年記念祝典で祝辞を述べる河野太通会長
(右下)通訳する戸松義晴事務総長 


スピーチの内容はこちらをご覧下さい。

記念祝典の模様は下記をご覧下さい。
WFB創立60周年記念祝典(All Ceylon Buddhist Congress提供)

 
※その他の様子をご覧になる場合は、「You Tube」マークをクリックして下さい。


・閉会式
 祝典会場からホテルに戻り、引き続き閉会式が開催された。閉会式では最高顧問である河野太通会長に特別功労賞メダルの贈呈が行われた。

  
閉会式にてパロップ事務総長より特別功労賞メダルの証書を受け取る河野太通会長


11月17日
 キャンディ仏歯寺の特別拝観に参加した。

  
仏歯寺内部の様子 

   
ツアー参加者と合流


スリランカ大会記念ツアーの様子はこちらをご覧下さい。

pagetop