全日本仏教会について全日本仏教会のあゆみ事業・活動ニュースリリース仏教についてイベント・お役立ち

Recent activities

イベント・お役立ちコンテンツ

平塚市文化財特別公開 11月1日~5日開催

平成18年10月17日
平塚市
担当 社会教育課 文化財保護担当 渡部
電話 0463-35-8124
平塚市文化財特別公開を開催します
◆内容
 平塚市教育委員会では、平成18年11月1日(水)から11月5日(日)まで文化財の特別公開を開催します。これは、文化財保護強調週間(11月1 日~7日)を機会にひごろなかなか見ることが出来ない文化財を容易に見学できるよう、市内の文化財管理者の協力を得て現地で公開するものです。
今回公開するのは、光明寺(こうみょうじ)(南金目)の『本堂内厨子(ほんどうないずし)』、『銅鐘(どうしょう)』、『木造観音三十三応現身立像(もく ぞうかんのんさんじゅうさんおうげんしんりゅうぞう)』などの他に、平等寺(びょうどうじ)(豊田平等寺)の『木造薬師如来坐像(もくぞうやくしにょらい ざぞう)』。福田寺(ふくでんじ)(入野)の『紙本墨画淡彩十六羅漢図(しほんぼくがたんさいじゅうろくらかんず)』、『紙本着色十王図(しほんちゃく しょくじゅうおうず)』。正福寺(しょうふくじ)(大島)の『正福寺(しょうふくじ)の庚申塔(こうしんとう)』、『木造薬師如来立像(もくぞうやくし にょらいりゅうぞう)』、『木造十二神将立像(もくぞうじゅうにしんしょうりゅうぞう)』、塚越古墳(つかごしこふん)(北金目)の5ヶ所です。
 教育委員会では、参観者のために、公開する文化財の簡単な解説と公開場所を掲載したリーフレット(A3両面 二ツ折+直角巻三ツ折3600部印刷)を作成し、各公開場所や市内の公民館、図書館、博物館などの公共施設に置いています。
 また、ひらつか文化財ガイドボランティア協会のガイドの方々に、各公開場所で参観者に対し公開する文化財の解説をしていただく予定になっております。
 なお、参観は無料です。公開時間は午前10時から午後3時までです。
◆ 主催  平塚市教育委員会
◆ 日程
1 公開期間  平成18年11月1日(水)~11月5日(日)
2 公開時間  午前10時~午後3時
◆ 公開場所・重要文化財
1 光明寺(こうみょうじ)(南金目896)
  本堂内厨子(ほんどうないずし)〔国指定〕、
  銅鐘(どうしょう)〔県指定〕、
  木造観音三十三応現身立像
  (もくぞうかんのんさんじゅうさんおうげんしんりゅうぞう)〔市指定〕他
2 平等寺(びょうどうじ)(豊田平等寺369)
  木造薬師如来坐像(もくぞうやくしにょらいざぞう)〔市指定〕
3 福田寺(ふくでんじ)(入野12)
  紙本墨画淡彩十六羅漢図(しほんぼくがたんさいじゅうろくらかんず)、
  紙本着色十王図(しほんちゃくしょくじゅうおうず)〔市指定〕
4 正福寺(しょうふくじ)(大島813)
  正福寺(しょうふくじ)の庚申塔(こうしんとう)〔県指定〕、
  木造薬師如来立像(もくぞうやくしにょらいりゅうぞう)、
  木造十二神将立像(もくぞうじゅうにしんしょうりゅうぞう)〔市指定〕
5 塚越古墳(つかごしこふん)(北金目1611~18)

pagetop