全日本仏教会について全日本仏教会のあゆみ事業・活動ニュースリリース仏教についてイベント・お役立ち

Recent activities

イベント・お役立ちコンテンツ

奈良国立博物館 特別陳列「おん祭と春日信仰の美術」開催中

特別陳列 おん祭と春日信仰の美術
鹿座仏舎利

拡大画像へ
春日若宮御祭礼絵巻(中巻)
奈良・春日大社
   春日若宮おん祭は、奈良の歳末を飾る一大祭事として、人々に親しまれています。この祭は春日大社の摂社(せっしゃ)・若宮神社の祭礼で、長年本社の大祭・春日祭とは別に大和国一国を挙げて盛大に行われてきました。
 おん祭は、長承(ちょうしょう)四年(1135)の若宮社の創建・御遷座(ごせんざ)を承(う)け、翌保延(ほうえん)二年(1136)9月17日にはじまったとされています。その後祭日は、室町時代から11月27日、明治十一年(1878)からは現行の12月17日と日付が変わりましたが、その間絶えることなく続いたとされ、今年で872回目を数えます。
 本展覧会は、おん祭の開催される時期に合わせ、この祭礼に関する資料を展示し、長大 かつ多岐にわたる祭の内容の一端を紹介するものです。今年は特に社伝神楽に注目し、関連資料を幅広く展示します。また併せて春日信仰にまつわる美術工芸品 を展観し、おん祭を支えた春日信仰の広がりと多様性を概観します。
 今も昔も盛儀を誇る南都の一大祭礼絵巻を、展示室でもじっくりとご堪能下さい。

拡大画像へ
重要文化財 諸尊図像(文殊菩薩騎獅像納入品)
奈良・西大寺

拡大画像へ
春日鹿曼荼羅
奈良・西城戸町
会 期
平成19年12月8日(土)~平成20年1月20日(日)

会 場
奈良国立博物館 東新館

休館日
月曜日(祝日の場合はその翌日)
年末年始[12月28日(金)~1月1日(火)]
※12月17日は月曜日ですが、おん祭当日につき、開館します。

開館時間
午前9時30分~午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※12月17日(月)、1月13日(日)は午後7時まで開館

観覧料金
平常展観覧料金でご覧になれます。
  個人 団体/レイト割引・
子どもといっしょ割引
一般 500 円 400 円
高校・大学生 250 円 200 円
中学生以下 無料 無料
 ※団体とは責任者の引率する20名以上のグループ
 ※12月17日(月)、1月13日(日)の午後5時以降は、[レイト割引]
   の料金となります。
 ※子ども(中学生以下)と一緒に観覧される方は、[子どもと
   いっしょ割引]の料金となります。
 ※障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)、 
   および70歳以上の方は無料。
 ※ この観覧券で平常展(本館)もご覧いただけます。
 ※ 12月22日(土)にご夫婦で観覧される方は、一般料金の半額となります。
 ※成人の日(平成20年1月14日)は、今年度に成人を迎えられた方の観覧料が無料になります。
    * 入館の際、身分証明等、年齢を確認できるものをご提示ください。

出陳件数:51件(うち重要文化財8件)

主な出陳品
指定 名称 所蔵 画像
諸尊図像(文殊菩薩騎獅像納入品) 奈良・西大寺
  春日若宮御祭礼絵巻(中巻) 奈良・春日大社
  鹿座仏舎利 奈良・春日大社
  春日鹿曼荼羅 奈良・西城戸町
秋草蒔絵手箱 奈良・春日大社
禽獣葡萄鏡 奈良・春日大社
権現講式 京都・高山寺
:重要文化財

拡大画像へ
重要文化財 秋草蒔絵手箱
奈良・春日大社
公開講座
 1月12日(土) 「社伝神楽と冨田光美」
            春日大社権宮司 岡本 彰夫氏
 ※午後1時30分より午後3時、当館講堂にて。聴講無料。
   定員200名。午後1時より講堂入口で整理券を配布します。

サンデートーク
12月16日(日) 「おん祭参観記」
            当館研究員 清水 健
 ※午後2時より午後3時30分(開場午後1時30分)
   当館講堂にて。聴講無料。

主催
奈良国立博物館、春日大社、財団法人仏教美術協会

関連イベント
平成20年1月19日(土) 「春日若宮おん祭の舞楽」 詳しくはこちらへ お知らせのページを開く

期間内の平常展特集展示のお知らせ
特集展示「奈良で甦る縄文の世界~小野忠正コレクション~」
  会期 平成19年12月8日(土)~平成20年2月11日(月・祝)
  会場 奈良国立博物館 西新館                    出陳品一覧へ 一覧を開く

 

更に詳しくは下記奈良国立博物館HPをご覧下さいませ。

http://www.narahaku.go.jp/

pagetop