全日本仏教会について全日本仏教会のあゆみ事業・活動ニュースリリース仏教についてイベント・お役立ち

Recent activities

イベント・お役立ちコンテンツ

西国三十三所―観音霊場の祈りと美 8月1日~ 奈良国立博物館にて

 西国三十三所(さいこくさんじゅうさんしょ)巡礼は、四国八十八ヶ所巡礼(四国遍路)と並んで最もよく知られた巡礼の道です。西国三十三所巡礼は、一説 に奈良の長谷寺(はせでら)を開いた徳道上人(とくどうしょうにん)によってはじめられ、その後、花山法皇(かざんほうおう)の中興を経て広がっていった ものと伝えられています。
 そもそも霊場が三十三所に定められたのは、『法華経(ほけきょう)』普門品(観音経)(ふもんぼん/かんのんぎょう)に説かれる、観音菩薩が三十三の姿 をあらわして衆生(しゅじょう)を救済するという三十三身(さんじゅうさんじん)の教えに基づくと考えられます。それぞれの霊場は宗派も一様ではありませ んが、いずれも観音菩薩を本尊として祀(まつ)っており、三十三所の巡礼は、宗派を超えた観音の道ということができます。
 西国三十三所巡礼は、当初主に僧侶(そうりょ)の修行の一つとして行われたと考えられますが、霊場への信仰が浸透するにつれ民衆にも広がり、室町時代に は巡路が確立し、庶民による参詣(さんけい)が行われるようになりました。江戸時代には旅や社寺詣での流行とも相俟(あいま)って娯楽的な要素が加わり、 多くの参詣者で賑わうようになります。そして、その人気は近年でも衰えず、四国遍路とともに現在も多くの人々に親しまれています。
 ところで、本年は、西国三十三所巡礼の中興といわれる花山法皇の崩御(ほうぎょ)より一千年の記念の年に当たります。本展覧会では、花山法皇の遺徳を偲 (しの)ぶとともに、歴史ある各霊場に伝えられた宝物の数々を開陳し、三十三所の歴史と信仰の遺産、信仰に基づく美の世界を展示し、観音霊場に捧げられた 人々の祈りの軌跡を描き出します。また広く観音信仰に関わる遺宝を会し、造形を通じて理解を深めていただきたいと思います。
 この機会に、先人の貴重な遺産をたどりながら西国三十三所巡礼の歴史と信仰を知っていただき、併せて観音菩薩に託した先人の思いを感じていただければ幸いです。

 会 期平成20年 8月1日(金)~9月28日(日) ※本展は名古屋市博物館に巡回します。なお、一部出陳品が異なります。

 主 催 名古屋市博物館、NHK名古屋放送局、NHKプラネット中部、NHKサービスセンター

 会 期 平成20年10月18日(土)~11月30日(日) 会 場奈良国立博物館 東・西新館 休館日毎週月曜日
※ただし8月11日と9月15日は開館し、9月16日(火)は休館 開館時間午前9時30分~午後5時
※毎週金曜日および8月9日(土)・10日(日)・13日(水)・14日(木)は 午後7時まで
※入館は閉館の30分前まで

 観覧料金    当日   前売   団体
一般       1,200円 1,000円 900円
高校生・大学生 800円 600円 500円
小学生・中学生 500円 300円 200円

※団体は責任者が引率する20名以上
※障害者手帳をお持ちの方(介護者同数を含む)は無料
※8月22日(金)にご夫婦で観覧される方は、一般料金の半額となります。
 (他の割引サービスとは併用できません)
※この観覧料金にて平常展・特別陳列もご覧になれます。

 ※前売券は下記の窓口で販売しています。
JR西日本の主な駅のみどりの窓口、近畿日本鉄道の駅営業所、
ローソンチケット〈Lコード57039〉、チケットぴあ〈Pコード688-259〉
(ぴあ店頭・ファミリーマート・サークルKサンクス)、CNプレイガイド、イープラス 他、

詳細情報は奈良国立博物館ホームページ内の特設ページhttp://www.narahaku.go.jp/exhib/2008toku/saigoku/saigoku-1.htm
にてご覧下さいませ。

pagetop