全日本仏教会について全日本仏教会のあゆみ事業・活動ニュースリリース仏教についてイベント・お役立ち

Recent activities

イベント・お役立ちコンテンツ

奈良県立美術館「大和百景-館蔵品で巡る奈良・大和路-」 平成22年7月17日~開催

館蔵品展 「大和百景-館蔵品で巡る奈良・大和路-」
奈良県立美術館にて開催

 奈良に都が移されてから本年で1300年を迎えます。日本最古の歴史都市である奈良県には、古代の歴史や文化を伝える寺社や史跡が点在し、豊かな自然に恵まれた穏やかな気候風土は、四季折々の変化を見せる美しい自然風景を生み出しています。
 悠久の歴史と太古からの自然とが織りなす独特の景観は、現在3つの世界遺産に登録され訪れる人々を魅了すると同時に、日本人の心のふるさととして多くの人々から愛されています。
 本展では、館蔵の近代日本の洋画、日本画、版画の中から奈良、大和路を描いた作品約100点を展示します。作品鑑賞を通じて技法や表現方法の多様性を楽しんで頂くとともに、奈良の魅力に改めて触れる機会となれば幸いです。

お誘いあわせの上、是非足をお運び下さい。


【展覧会名称】
大和百景-館蔵品で巡る奈良・大和路-

【会場】
奈良県立美術館
〒630-8213
奈良市登大路町10-6
TEL:0742-23-3968
※アクセスはこちらを参照下さい
奈良県立美術館交通案内

【会期】
平成22年7月17日(土)から9月12日まで(51日間)

【休館日】
月曜日、7月20日(火) 
※ただし、7月19日(月・祝) 8月9日(月)は開館

【開館時間】
午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※「なら燈花会」会期中の8月5日(木)から8月14日(土)まで無休
午後7時まで開館時間を延長


【入館料】
一般:400(300)円
大学・高校生:250(200)円
中学・小学生:150(100)円
※括弧内は割引料金
※教職員に引率された奈良県内の小・中・高校及びこれに準ずる学校の児童・生徒、
65歳以上の方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と
介添の方1人、外国人観光客と付添の観光ボランティアガイドの方は無料
※毎週土曜日は小・中・高校及びこれに準ずる学校の児童は無料

【主な出品作品】
洋  画:須田剋太《新緑の東大寺》   絹谷幸二《大和遠望》  杉本健吉《春日野 鹿》
日本画:池田遙邨《芳野山春風》     平山郁夫《大和路を描く 斑鳩の里 法輪寺の塔》
版  画:土屋光逸《奈良興福寺》     笹島喜平《梅花御堂》   など

【関連事業】
実技講座「奈良のイメージを描こう!」
日時:8月11日(水)午前10時より
対象・定員:小・中学生(20人程度、事前申込必要)
講師:洋画家 岡崎 浩 氏
参加費:150円(入館料)
※詳細は奈良県立美術館までお問い合せ下さい。

【その他】
ご希望者に対し、ボランティア解説員が展示解説を行います。



ご不明な点は下記までご連絡下さい。
奈良県立美術館
TEL:0742-23-3968
HP:
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-11842.htm


 




須田剋太 作「新緑の東大寺」1968年  
須田 剋太  作「新緑の東大寺」 1968年

pagetop