全日本仏教会について全日本仏教会のあゆみ事業・活動ニュースリリース仏教についてイベント・お役立ち

Recent activities

イベント・お役立ちコンテンツ

浄土宗 浄土宗総合研究所 浄土宗教師の社会実践-法然上人のまなざしから-

本会の加盟団体である浄土宗の浄土宗総合研究所では、シンポジウム「浄土宗教師の社会実践-法然上人のまなざしから-」を開催いたします。

総合研究所では、本年2回目のシンポジウム「浄土宗教師の社会実践」を以下の通り開催します。
東日本大震災以降、様々な形で仏教者の社会での活動が取り上げられるようになりました。本年は東日本大震災の7回忌を迎えるとともに、阪神・淡路大震災の23回忌、熊本地震の1周忌の年でもあります。本シンポジウムでは、東日本大震災を契機として、注目されている仏教徒の社会実践、とりわけ浄土宗教師の社会実践について、活動の土台となる思想的背景、具体的な活動の在り方、また様々な課題について議論することを目指します。
大勢の皆様のご参加をお待ちしています。

日 時  平成29年2月20日(月)  〈開場〉12時30分 〈開講〉12時45分~
会 場  大本山増上寺光摂殿  東京都港区芝公園4-7-35
テーマ  浄土宗教師の社会実践-法然上人のまなざしから-
講 演  島薗 進(上智大学グリーフケア研究所所長)
参加費  無料
お問い合わせ  浄土宗総合研究所 03-5472-6571 sympo2017@jsri.jp
 https://jodoshu.net/publish/detail.php?id=6373

pagetop