全日本仏教会について全日本仏教会のあゆみ事業・活動ニュースリリース仏教についてイベント・お役立ち

Recent activities

イベント・お役立ちコンテンツ

臨済宗妙心寺派 東京禅センター 禅とグリーフケア「悲嘆に向き合うとは」

本会の加盟団体である臨済宗妙心寺派の東京禅センターでは、禅とグリーフケア「悲嘆に向き合うとは」を開催いたします。

実践を重んじる禅宗といえど、檀信徒との付き合いは法要などの儀式のみにとどまることが多く、親しいひとを失ったことに対する心の救済などを十分に為すことができているとは言い難い。緩和治療や精神的なケアなど、患者やその家族の心の安寧が重んじられる中、自省し、積極的に取り組みたいと考える僧侶が増えている。
そこで、今回は宗教をグリーフケアに取り入れて活動を主導される島薗進氏、がん治療を中心に医療の現場に立ち続けられる小西敏郎氏、様々なご経験を生かしがんの啓発活動に携わる中井美穂氏、以上3名の講師を迎え、定義だけでなく実践を踏まえた活発な議論のなかから悲嘆に向き合う姿勢とグリーフケアを学びます。

日 時  平成30年1月19日(金)〈開場〉14時30分〈開演〉15時~17時
会 場  仏教伝道協会ビル8階「和」(東京都港区芝4-3-14)
テーマ  「悲嘆に向き合うとは」-グリーフケアを学ぶ-
講 演  講演者
 ・島薗進(宗教学者、上智大学神学部特任教授/上智大学グリーフケア研究所所長)
 ・小西敏郎(医師/東京医療保健大学副学長)
 ・中井美穂(アナウンサー)
 ・池内龍太郎(関東臨床宗教師会代表、神社神道神職、医師)
参加費  2,000円
定員  70名 ※予約制
(申込方法は東京禅センターWebサイトをご参照ください)
お問い合わせ  臨済宗妙心寺派東京禅センター 03-5779-3800
 http://www.myoshin-zen-c.jp/event/event_hitan.htm

pagetop