全日本仏教会について全日本仏教会のあゆみ事業・活動ニュースリリース仏教についてイベント・お役立ち

Recent activities

イベント・お役立ちコンテンツ

仏教伝道協会 助成金申請(2020年度分)の受付開始

本会の加盟団体である(公財)仏教伝道協会では、助成金申請(2020年度分)の受付を開始します。
助成金制度は、仏教伝道協会の公益事業目的に賛同し、国内外にて積極的な活動を行っている個人および団体を支援するため、活動助成金を交付するために設立されました。

助成区分

A. 団体支援助成:
仏教伝道協会の事業目的に合致し、その団体の行うすべての事業に広く公益性があり、かつ恒久的な活動が必要と認められる団体の事業運営費用への助成。本区分の助成は、単年度ごとの申請とし、助成最高金額は、その団体の年間活動費総額の70%を超えない金額で1件あたり200万円以内。

B. 事業支援助成:
仏教伝道協会の事業目的に合致し、かつ、ある特定の事業活動費用に対する助成。本区分の助成は、単年度もしくは複数年度での申請を認める。助成最高金額は単年度、複数度年問わず、各申請事業費総額の70%を超えない範囲で上限を次の通り。

B-1 仏教精神・文化普及活動及び人道支援活動:1件あたり200万円以内
B-2 仏教学術振興活動:1件あたり200万円以内
B-3 仏教文化財保護活動:1件あたり500万円以内

C. 沼田仏教講座運営維持・新規開設支援助成:
海外主要大学で開講されている「沼田仏教講座」の運営維持、または新規開設されるものへの支援助成。本区分の助成は、単年度もしくは複数年度での申請を認めます。

 

応募資格

  1. 1、当財団の公益事業目的を理解、賛同し、国内外を問わず日本文化の基礎となる仏教精神、仏教文化とその学術の振興および啓蒙活動を積極的に展開している個人及び団体であること
  2. 2、申請内容が営利目的でないこと
  3. 3、特定の主義主張の浸透を目的としないこと

選考基準

(1)社会的公益性
(2)地域貢献度
(3)実現性
(4)過去の活動実績
(5)継続、発展性
(6)経費の適正性
(7)超宗派性

申請受付期間

2019年10月1日から11月30日まで



申請手続きにおける用紙は、(公財)仏教伝道協会のWEBサイトよりダウンロードください。

pagetop