ニュースリリース

全仏からのお知らせ

現下、国内外の情勢が大きく移り変わる中で、宗教がらみの戦争や大規模テロの勃発が相次ぎ、国内では少子高齢化や核家族化が進み人心の荒廃など様々な問題が山積しております。

こうした問題に対して、各種声明・意見書・要望書を提出及び発表しております。

全仏からのお知らせ一覧

加盟団体からのお知らせ

加盟団体からのお知らせ一覧

加盟団体へのお知らせ

本会の活動を全国のご寺院・所属団体の皆様に広報するため、加盟団体で発行している各機関誌等へ本会記事『全仏だより』の掲載にご協力頂いております。
各団体より要望がございました、過去の『全仏だより』、また最新の『全仏だより』を掲載をさせて頂きます。

また、今後はホームページ上でよりタイムリーなお知らせの掲載も予定しております。

加盟団体へのお知らせ一覧

大会・会議・記念事業開催のお知らせ

大会・会議・記念事業開催のお知らせ一覧

過去に開催した大会・会議・記念事業の報告

過去に開催した大会・会議・記念事業の報告一覧

救援活動

救援活動一覧

国際交流

国際交流一覧

広報活動

広報活動一覧

声明・談話・要望書

声明・談話・要望書一覧

共催・後援・協力

共催・後援・協力一覧

イベント情報

イベント情報一覧

核兵器禁止条約の批准を受けて —ヒロシマ・ナガサキの悲劇を繰り返さないために—

2020年11月20日 声明・談話・要望書  

 焼けただれた皮膚を引きずりながら、水を求めて歩く人々。  銀行の石段に残された黒い人影。  病院に担ぎ込まれても為す術のないほどの負傷者の数。  おそらく誰もが写真で、映像作品で、漫画で、資料館で、見たり聞いたりしたであろうキノコ雲の下の恐ろしい現実。ヒロシマ・ナガサキから75年が過ぎた今も、人類は自らを滅ぼしうる量の核兵器を手放せずにいます。  1996年に国際NGOが中心となって草案が起草された核兵器禁止条約は、2020年10月24日、50の国と地域の批准という発効の要件を満たし、2021年1月22日に発効することとなりました。核兵器の開発、保有、使用を包括的に禁止とする初めての国際条約です。草案から実に14年。核兵器の全廃に向けた世界的な動きは、新たな段階に入ったと言えます。  本会は、これを喜ばしく思う反面、核保有国と唯一の戦争被爆国である日本が、この条約に参加していないことを憂慮しています。  全日本仏教会は、1957年創設以来、仏陀の和の精神をもとに世界平和を願う立場から、一貫して核兵器に反対してきました。2019年12月には、「ヒバクシャ国際署名」の「後世の人びとが生き地獄を体験しないように、生きているうちに何としても核兵器のない世界を実現したい」という精神に賛同し、署名活動への協力を表明しました。今、核兵器禁止条約の発効が決まったことを受けて、2020年9月18日を期限としていた署名活動は、2020年12月31日まで延長されています。  核兵器の違法性を問う国際社会の流れを作り出し、核兵器を開発、保有、使用させないためにも今再び署名活動への協力をお願い申しあげます。  本会は、核兵器のない世界に向けて引き続き取り組んでまいります。 ※ヒバクシャの表記は、核兵器禁止条約の前文で、ヒバクシャ(hibakusha)と記載されています。 ※ヒバクシャ国際署名については、下記をご覧ください。 https://hibakusha-appeal.net/   全日本仏教会
【日本宗教連盟】第5回宗教の公益性に関するセミナー「コロナ禍における宗教活動を考える」開催のお知らせ

2020年11月18日 イベント情報   東京都 

本会が加盟する日本宗教連盟では第5回 宗教の公益性に関するセミナー「コロナ禍における宗教活動を考える—ウィズ・コロナの時代の宗教の在り方—」をオンラインにて開催いたします。 宗教法人実務担当者向けの内容ですが、どなたでも視聴できます。 ぜひご参加ください。 【要旨】(実施要項より)  終息しない新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)の災禍は、世界中で多数の被害者を出し、社会の混乱を招いております。私たちは、感染された方々のご回復と、亡くなられた方々への哀 悼の祈りを捧げ、また、医療従事者やエッセンシャルワーカーの皆様が感染せずに任務を全うで きますよう、心を合わせて祈念しております。  さて、本年3月頃から今般の新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防策として、宗教法人では、法事や法要、礼拝、祭祀などの宗教活動を中止したり、最小限に縮小したりと本来の宗教活 動を自粛してきました。緊急事態宣言下では、寺社仏閣ではやむを得ず自主的に閉門したり、参 拝は自由に行えるが授与品の頒布や御祈願は中止したり、キリスト教の教会・伝道所では、極力、 教会に集わない方法で礼拝を捧げることを講じるよう呼びかけ、オンラインによる礼拝や電話で の交流など、配慮を行い、感染源とならないような細心の注意を払ってきました。  「新しい生活様式」による経済活動が再開されるなか、寺社仏閣・教会・伝道所でも檀信徒や 信者、崇敬者、国内外から訪れる全ての皆様が、安心して参拝や参列、お祈りやお参りができる ように各宗派でガイドラインを作成・公開する動きが広がってきています。また、それぞれの宗 教施設で感染防止策を工夫し、「新しい生活様式」に配慮した宗教活動を再開しています。  このところ第3波ともいえる新型コロナウイルス感染拡大の傾向がみられていますが、新型コ ロナに加えて、秋から冬にかけて流行するインフルエンザにも備えたいこの時期に、感染症対策 の専門家によるご講演をいただき、「感染しない、感染させない」ためにはどのようなことに気 を付けるべきか、感染予防策や万が一の際の危機管理の徹底などを研究して、ウィズ・コロナ、 ポスト・コロナの時代の宗教のあり方を皆様で共有したいと存じます。 実施要項のPDFのダウンロードはこちら 名称  第5回宗教法人の公益性に関するセミナー「コロナ禍における宗教活動を考える—ウィズ・コロナの時代の宗教の在り方—」 日時  2020(令和2)年11月26日(木)18時~19時40分 会場  オンライン(Zoom ウェビナー)  事前登録はこちら 入場料  無料 お問合せ  (公財)日本宗教連盟  http://jaoro.or.jp/contact_us-2
令和2年7月豪雨に対し、真言宗豊山派より義援金が手交

2020年11月16日 救援活動  

令和2年7月豪雨により尊い生命を奪われた方々、ご遺族の方々に衷心より哀悼の意を表し、いまだ困難な生活を強いられているすべての皆さまに改めて心よりお見舞い申し上げます。 11月11日、令和2年7月豪雨への支援の一環として募集している救援基金へ、真言宗豊山派から本会に義援金が寄託されました。義援金は真言宗豊山派宗務総長 鈴木常英師から手交されました。   左から岩脇彰信師(真言宗豊山派総務部長)、鈴木常英師(真言宗豊山派宗務総長)、戸松義晴(本会理事長)、木全和博(本会事務総長) 本会では、被災した方々への支援を行うため、救援基金を募集しております。いただいた義援金は、現地の被害状況に鑑み、関係機関に寄託いたします。つきましては皆さまの温かいご支援の程、ご協力をお願い申し上げます。 本会救援基金への寄託・過去の救援活動はこちら
令和2年7月豪雨に対し、日蓮宗より義援金が手交

2020年11月11日 救援活動  

令和2年7月豪雨により尊い生命を奪われた方々、ご遺族の方々に衷心より哀悼の意を表し、いまだ困難な生活を強いられているすべての皆さまに改めて心よりお見舞い申し上げます。 11月11日、令和2年7月豪雨への支援の一環として募集している救援基金へ、日蓮宗から本会に義援金が寄託されました。義援金は日蓮宗宗務総長 中川法政師から手交されました。   左から木全和博(本会事務総長)、戸松義晴(本会理事長)、中川法政師(日蓮宗宗務総長)、生駒雅幸師(日蓮宗総務局長) 本会では、被災した方々への支援を行うため、救援基金を募集しております。いただいた義援金は、現地の被害状況に鑑み、関係機関に寄託いたします。つきましては皆さまの温かいご支援の程、ご協力をお願い申し上げます。 本会救援基金への寄託・過去の救援活動はこちら
真宗大谷派東京教区「Zoom用オンラインマニュアル(主催者編・参加者編)」の発行について

2020年11月8日 加盟団体からのお知らせ  

本会加盟団体の真宗大谷派東京教区では、法座や法要をオンラインで行うためのマニュアルを作成しました。本会に加盟するすべての団体や各ご寺院さまにも役立つものと思われますので、ここに紹介させていただきます。どうぞご活用ください。 ここをクリックすると真宗大谷派東京教区の該当ページに飛びます。
令和2年7月豪雨に対し、宮崎県仏教連合会より義援金が手交

2020年11月8日 救援活動  

令和2年7月豪雨により尊い生命を奪われた方々、ご遺族の方々に衷心より哀悼の意を表し、いまだ困難な生活を強いられているすべての皆さまに改めて心よりお見舞い申し上げます。 11月8日、令和2年7月豪雨への支援の一環として募集している救援基金へ、宮崎県仏教連合会から本会に義援金が寄託されました。義援金は宮崎県仏教連合会会長 山口和省師から手交されました。   左から旭吉法純師(宮崎県仏教連合会事務局長)、織田芳源師(宮崎県仏教連合会理事)、山口和省師(宮崎県仏教連合会会長)、和多善秀(本会総務部長) 本会では、被災した方々への支援を行うため、救援基金を募集しております。いただいた義援金は、現地の被害状況に鑑み、関係機関に寄託いたします。つきましては皆さまの温かいご支援の程、ご協力をお願い申し上げます。 本会救援基金への寄託・過去の救援活動はこちら
真宗教団連合「オンライン ごえんさんエキスポ 2020」

2020年10月29日 イベント情報   東京都 

本会の加盟団体である浄土真宗系の10派が構成する真宗教団連合では、「ごえんさんエキスポ 2020」をオンラインにて開催いたします。 (パンフレットより) わたしたちは、見たこともないことや新しい価値観に触れることで、 心がふるえたり、なにかに想いを馳せたりすることがあります。 「ごえんさんエキスポ」がそんなきっかけになれば。 今回の「ごえんさんエキスポ」は、全国各地で新しい取り組みに 挑戦しているお寺・僧侶・団体がオンラインで集結します。 ぜひ、同時代のリアルな仏教に触れて、感じてみてください。 名称  「オンライン ごえんさんエキスポ 2020」 日時  2020(令和2)年11月7日(土)10時~22時 会場  オンライン 入場料  無料 お問合せ  真宗教団連合  https://5en3expo.studio.site/
令和2年7月豪雨に対し、山梨県仏教会より義援金が手交

2020年10月22日 救援活動  

令和2年7月豪雨により尊い生命を奪われた方々、ご遺族の方々に衷心より哀悼の意を表し、いまだ困難な生活を強いられているすべての皆さまに改めて心よりお見舞い申し上げます。 10月22日、令和2年7月豪雨への支援の一環として募集している救援基金へ、山梨県仏教会から本会に義援金が寄託されました。義援金は山梨県仏教会会長 松永直樹師から手交されました。   左より山本雅彦(本会社会人権部部長)、松永直樹師(山梨県仏教会会長) 本会では、被災した方々への支援を行うため、救援基金を募集しております。いただいた義援金は、現地の被害状況に鑑み、関係機関に寄託いたします。つきましては皆さまの温かいご支援の程、ご協力をお願い申し上げます。 本会救援基金への寄託・過去の救援活動はこちら
公開Webシンポジウム 「〈仏教とSDGs〉現代社会における仏教の平等性とは 〜LGBTQの視点から考える〜」開催のお知らせ

2020年10月20日 仏教文化・人権問題  

 本会主催の公開Webシンポジウム「〈仏教とSDGs〉現代社会における仏教の平等性とは 〜LGBTQの視点から考える〜」を下記の要領で開催いたします。  (公財)全日本仏教会は2018年に開催したWFB世界仏教徒会議日本大会において東京宣言を採択し、SDGsの具現化を進めております。  前回、SDGsが掲げる掲げる17の目標のうち、ジェンダー平等の実現への取り組みとして女性の視点から考えるというシンポジウムを行いました。(YouTubeにて公開中)  今回はLGBTQの視点から考えるシンポジウムを企画いたしました。LGBTQの方々をはじめ多種多様なあり方を尊重し、すべての人が、自らの人生を自分らしくありのままに生き、幸せでありたいと願うことは、「一切の生きとし生けるものは、幸せであれ。」という仏陀の教えの根幹にも相通じるところがあります。  また、理念的な部分だけではなく現実に、お墓や戒名、葬儀や結婚などの人生の節目にあたって性的マイノリティとされる当事者の方々に寄り添うこと、令和という新しい時代にあって様々な性のあり方に、これからの仏教界はどのように取り組んでいくのか。  SDGsが掲げる、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」世界の実現に向けて何ができるのか考えてまいります。  Zoomを用いたWebシンポジウムです。ふるってのご参加をお待ちしております。 PDFダウンロードはこちら シンポジウムが終わった後のアンケートはこちら https://forms.gle/NuNwujLRoaUXuG2X8  日 時  2020年11月5日(木)午後6時00分〜午後8時00分 会 場  ZOOM ウェビナー 内 容 パネリスト  ・西村宏堂(浄土宗僧侶 メイクアップアーティスト)  ・杉山文野(株式会社ニューキャンバス代表取締役)  ・川上全龍(臨済宗妙心寺派 本山塔頭 春光院副住職) コーディネーター   ・戸松義晴(本会理事長) 午後6:00 開会    西村宏堂氏 提言    杉山文野氏 提言    川上全龍氏 提言 午後7:15 トークセッション 進行:戸松義晴理事長 午後8:00 終了予定 参加費  無料(定員100名) 申込方法  こちらのリンクのフォームよりお申し込みください。  ご質問がある方は申込みフォームの「コメント」欄にお書きください。 お問い合わせ  (公財)全日本仏教会 社会・人権部 03-3437-9275  Mail: t-sakamoto@jbf.ne.jp
令和2年7月豪雨に対し、本門佛立宗・浄土宗西山禅林寺派・西山浄土宗より義援金が手交

2020年10月15日 救援活動  

令和2年7月豪雨により尊い生命を奪われた方々、ご遺族の方々に衷心より哀悼の意を表し、いまだ困難な生活を強いられているすべての皆さまに改めて心よりお見舞い申し上げます。 10月15日、令和2年7月豪雨への支援の一環として募集している救援基金へ、本門佛立宗、浄土宗西山禅林寺派、西山浄土宗から本会に義援金が寄託されました。義援金は本門佛立宗総長 小西日演師、浄土宗西山禅林寺派宗務総長 奥垣内圭哲師、西山浄土宗宗務総長 土江賢祥師から手交されました。   【本門佛立宗】 左から木全和博(本会事務総長)、小西日演師(本門佛立宗総長)   【浄土宗西山禅林寺派】 左から奥垣内圭哲師(浄土宗西山禅林寺派宗務総長)、木全和博(本会事務総長)   【西山浄土宗】 左から土江賢祥(西山浄土宗宗務総長)、木全和博(本会事務総長) 本会では、被災した方々への支援を行うため、救援基金を募集しております。いただいた義援金は、現地の被害状況に鑑み、関係機関に寄託いたします。つきましては皆さまの温かいご支援の程、ご協力をお願い申し上げます。 本会救援基金への寄託・過去の救援活動はこちら