ホーム >イベント情報 >東京都 >親鸞仏教センター(真宗大谷派)「親鸞思想の解明」他好評開催中

Recent activities
イベント情報

場所で探す:

親鸞仏教センター(真宗大谷派)「親鸞思想の解明」他好評開催中

親鸞仏教センター(真宗大谷派)主催・協力の講演会や講座が下記日程にて開催されています。
親鸞仏教センターでは、日々の研究・交流活動をとおして、「現代」の諸問題について、思索や対話を重ねてまいりました。人と人とのつながりが希薄になり、 合理的な価値観が優先される社会の中で見失われてきたものを親鸞の人間観に照らして、皆様と問題を共有していければと考えております。

おひとりでも多くの 皆様のご参加をお待ちしております。
 


【親鸞思想の解明】
浄土を求めさせたもの―『大無量寿経』を読む―


親鸞の思想に依って生きることの意味を親鸞仏教センター所長・本多弘之が「問題提起」として発題します。どなたでも聴講(無料)できるよう公開で開催しています。通年で開催されている本講座は、テーマを「浄土を求めさせたもの―『大無量寿経』を読む―」とし、毎回大勢の方々に聴講いただいております。

皆さま是非ご来場下さい。

■開催名称■
  親鸞思想の解明

■開催日時■
  第53回(通算第104回) 2012年 7月4日(水) 18:30~20:30(受付18:00)
  第54回(通算第105回) 2012年 8月6日(月) 18:30~20:30(受付18:00)
  ※9月は休講となります。

■会場■
  第53回(通算第104回) 東京国際フォーラムG502
  第54回(通算第105回) 東京国際フォーラムG502 
  ※収容人数には限りがございますのでご了承ください。(約80名)
  ※アクセスはこちらを参照して下さい。

■聴講料■
  無料
  ※詳細は親鸞仏教センターにお問い合せ下さい。

■講師■
本多弘之(ホンダヒロユキ:親鸞仏教センター所長)

○プロフィール
38年、中国黒龍江省生まれ。東京大学農学部林産学科卒業。元大谷大学助教授。親鸞仏教センター所長。真宗大谷派本龍寺住職。著書に『近代親鸞教学論』『他力救済の大道―清沢満之文集(現代語訳)』『新講 教行信証-総序の巻』『教巻』『「教行信証」行巻講義1』(草光舎)、『親鸞教学』『親鸞思想の原点』『「大経」講義1~3』(法蔵館)、『浄土1~3』(樹心社)など。




■その他紹介■
  親鸞仏教センターでは定期刊行物として、  
  情報誌『アンジャリ』・研究誌『現代と親鸞』を発行しております。
  他では読むことのできない、各界著名人からの寄稿や貴重な論文も掲載しております。

         


  ご興味が有る方は親鸞仏教センターHPよりお申し込み下さい。
 


【朝日カルチャーセンター 親鸞「歎異抄」入門(協力:親鸞仏教センター)】


『歎異抄』は、いうまでもなく親鸞の著作ではない。作者については諸説あるが、現在では、本文中で親鸞が親しく呼びかけている「唯円」が編集・制作したものとされている。
語られた言葉の記録ではあるが、むしろこの『歎異抄』によって、親鸞の名が広く知られているとさえいえよう。親鸞の思想理念は、広く深い。尋ねても、到り得ない深い海底のような感じがする。
このたびは、この書を手がかりに、皆様と共にその一分にも触れていきたいと念ずるものである。(講座HPより抜粋)


■開催名称■
  親鸞「歎異抄」入門

■開催日時■
  2012年7月12日(木)10:30~12:00
  2012年8月9日(木)10:30~12:00 
■会場■
  朝日カルチャーセンター
   〒163-0204 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル4階(受付)
   TEL.03-3344-1941 / FAX.03-3344-1930
    ○JR・小田急線・京王線・東京メトロ丸の内線の新宿駅より徒歩約8分
    ○東京メトロ丸の内線西新宿駅より徒歩約5分
    ○都営地下鉄大江戸線都庁前駅A6出口直結
    ※アクセスはこちらを参照して下さい。

■受講料■
  5,880円(7月、8月の2回:税込)

■注意事項■
  本告知内容は、予告なく変更する場合がございます。
  開催に関する事項は、必ず主催団体の情報にてご確認ください。 

■お申し込み・お問い合わせ■
  朝日カルチャーセンター
   新宿区西新宿2-6-1
   新宿住友ビル48階(TEL 03-3344-1945 担当:米山)まで。


朝日カルチャーセンター 親鸞の「和讃」を読む(協力:親鸞仏教センター)】


親鸞はほぼ七十五歳前後に、主著の『教行信証』を完成させ、続いて「和讃」の制作にかかっている。大乗仏教の新しい思想的な枠組みを構築して、その信念内容を広く苦悩の衆生に開くために、和語で阿弥陀の功徳をほめる歌を作られた。当時のはやり歌であった「いまよう」の形式、七・五、七・五の歌いやすい言葉のつながりを用いている。他力の信心の喜びを民衆の生活に根付かせ、本願の教えの言葉が人々の心に染みこんでいくことを願ったのであろう。(講座HPより抜粋)

■開催名称■
  親鸞の「和讃」を読む

■開催日時■
  2012年7月26日(木)10:30~12:00
  2012年8月30日(木)10:30~12:00
  2012年9月27日(木)10:30~12:00 

■会場■
  朝日カルチャーセンター
   〒163-0204 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル4階(受付)
   TEL.03-3344-1941 / FAX.03-3344-1930
    ○JR・小田急線・京王線・東京メトロ丸の内線の新宿駅より徒歩約8分
    ○東京メトロ丸の内線西新宿駅より徒歩約5分
    ○都営地下鉄大江戸線都庁前駅A6出口直結
    ※アクセスはこちらを参照して下さい

 ■受講料■
  8,820円(7月~9月の3回分:税込)

■注意事項■
  本告知内容は、予告なく変更する場合がございます。
  開催に関する事項は、必ず主催団体の情報にてご確認ください。   

■お申し込み・お問い合わせ■
  朝日カルチャーセンター
   新宿区西新宿2-6-1
   新宿住友ビル48階(TEL 03-3344-1945 担当:米山)まで。


親鸞聖人ご命日のつどい


毎月第2金曜日には「親鸞聖人ご命日のつどい」(おつとめとお話)を開いています。
「人として生まれた意義」はなにか。そして、「それぞれの人生には、それぞれの意味がある」ことを今も生き生きと問いかけている親鸞聖人のお話を聴聞ください。どなたでもご自由に参加できます。


■日時■
  2012年7月6日(金)午前10時~11時
  2012年8月10日(金)午前10時~11時
  2012年9月14日(金)午前10時~11時

■会場■
  親鸞仏教センター
   〒113-0023 東京都文京区向丘1-13-7
    Tel.03-3814-4900
    Fax.03-3814-4901

■講師■
  本多弘之(親鸞仏教センター所長) 

■聴講料■
  無料


 ※本ページの内容に関するお問い合わせ
 親鸞仏教センター
〒113-0023
東京都文京区向丘1-13-7
Tel.03-3814-4900
Fax.03-3814-4901