ニュースリリース詳細

公開Webシンポジウム 「〈仏教とSDGs〉現代社会における仏教の平等性とは 〜LGBTQの視点から考える〜」開催のお知らせ

2020年10月20日

仏教文化・人権問題 

 本会主催の公開Webシンポジウム「〈仏教とSDGs〉現代社会における仏教の平等性とは 〜LGBTQの視点から考える〜」を下記の要領で開催いたします。

 (公財)全日本仏教会は2018年に開催したWFB世界仏教徒会議日本大会において東京宣言を採択し、SDGsの具現化を進めております。
 前回、SDGsが掲げる掲げる17の目標のうち、ジェンダー平等の実現への取り組みとして女性の視点から考えるというシンポジウムを行いました。(YouTubeにて公開中)
 今回はLGBTQの視点から考えるシンポジウムを企画いたしました。LGBTQの方々をはじめ多種多様なあり方を尊重し、すべての人が、自らの人生を自分らしくありのままに生き、幸せでありたいと願うことは、「一切の生きとし生けるものは、幸せであれ。」という仏陀の教えの根幹にも相通じるところがあります。
 また、理念的な部分だけではなく現実に、お墓や戒名、葬儀や結婚などの人生の節目にあたって性的マイノリティとされる当事者の方々に寄り添うこと、令和という新しい時代にあって様々な性のあり方に、これからの仏教界はどのように取り組んでいくのか。
 SDGsが掲げる、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」世界の実現に向けて何ができるのか考えてまいります。

 Zoomを用いたWebシンポジウムです。ふるってのご参加をお待ちしております。

PDFダウンロードはこちら

シンポジウムが終わった後のアンケートはこちら
https://forms.gle/NuNwujLRoaUXuG2X8 

日 時  2020年11月5日(木)午後6時00分〜午後8時00分
会 場  ZOOM ウェビナー
内 容

パネリスト
 ・西村宏堂(浄土宗僧侶 メイクアップアーティスト)
 ・杉山文野(株式会社ニューキャンバス代表取締役)
 ・川上全龍(臨済宗妙心寺派 本山塔頭 春光院副住職)
コーディネーター
  ・戸松義晴(本会理事長)

午後6:00 開会
   西村宏堂氏 提言
   杉山文野氏 提言
   川上全龍氏 提言
午後7:15 トークセッション 進行:戸松義晴理事長
午後8:00 終了予定

参加費  無料(定員100名)
申込方法  こちらのリンクのフォームよりお申し込みください。
 ご質問がある方は申込みフォームの「コメント」欄にお書きください。
お問い合わせ  (公財)全日本仏教会 社会・人権部 03-3437-9275
 Mail: t-sakamoto@jbf.ne.jp